ホワイトニングと審美歯科

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

歯の綺麗な女性初対面の人の第一印象は、ほぼ顔で決まると言っても過言ではありません。その人の表情などに人柄が出てくるわけですが、実際は口元のイメージがその人の印象を決める大きなポイントとなるのです。喋ったり笑ったりしたときに、口元から覗く歯が黄ばんでいたり、黒ずんでいたりすれば、やはり老けて見られますし、なんとなく清潔感もないように感じられてしまいます。このように、歯はその人のイメージに大きく関わってくるものなのです。

 

年齢を重ねてくると歯の色も徐々に変色していきます。色素が沈着したり、表面のエナメル質が剥がれてきたりして、白さがなくなっていくのです。そこで、最近は変色した歯を元の白い歯に戻すホワイトニングを行う人が増えてきています。このホワイトニングですが、一般的な歯医者でも行えるのですが、専門的に治療してくれる審美歯科で行うことをおすすめします。一般的な歯医者が、歯の機能性を回復することが目的であることに対し、この審美歯科は口の美的回復を目的とした歯医者なのです。

 

ホワイトニングは、元々は高齢者のアンチエイジングのために始まった治療法です。やはり、歯が白いと若々しく見え、相手に与える印象も大きく変わってくるのです。ホワイトニングの治療法も薬剤を利用するものから、歯の表面にセラミックを貼りつけたりするものがありますので、治療前に医師とよく相談してから治療を行ってください。このサイトは、審美歯科とホワイトニングの目的について説明します。