ホワイトニングの効果

自分の歯を見る歯を白くするホワイトニングですが、元々はアメリカを中心に始まった治療方法です。このホワイトニングのそもそもの目的としては高齢者のアンチエイジングでした。誰でも、歯は歳を取るごとに変色していきますし、黄ばんだ歯や、黒ずんだ歯は老けた印象を与えます。それを改善するという目的で、このホワイトニングはスタートしたのです。

 

人は初対面の場合、まずは顔の印象でその人のイメージをある程度決めてしまいます。鼻毛の処理がなされていなかったり、服が乱れていたりすると、あまりよい印象を受けることはないでしょう。
そして歯は、その人の印象を決める大きな要因となるのです。黄ばんだ歯よりは、真っ白な歯のほうが相手に与えるイメージをよいものになります。ホワイトニングの目的として、まずはこの見た目の印象があるのです。

 

また、自分の歯が黄ばんでいたり変色していたら、人前で口を開けることが苦痛と思うことでしょう。そうなると、人と会うこと自体、億劫になり、徐々に内向的な性格になっていくことも考えられます。しかし、白いきれいな歯であれば、人前で堂々と笑うこともできますし、顔を直視されても恐れることはありません。歯が白いというだけで、社交的な性格にもなれるのです。そしてこれがホワイトニングの次の目的でもあるのです。

ホワイトニングの種類

審美歯科で行われる治療としては、歯並びの矯正とともにホワイトニングが多く行われます。最近、このホワイトニングが注目されていて、ドラッグストアなどでもホワイトニング用の歯磨き粉などが売られています。もちろん、普通の歯医者でもホワイトニングを扱っているところはありますが、審美歯科のほうがより専門的な治療を受けられますし、その他の口腔ケアに関しても同じように、普通の歯医者で行うよりも専門的な知識を持っていますので、やはり美的な部分においては審美歯科をおすすめします

 

審美歯科で行うホワイトニングとしては、まずは薬剤を使用する方法があります。神経を抜いている歯に対しては歯の内側に薬剤を注入し、そして生きている歯に対しては歯の表面に薬剤を塗布する方法を採ります。次の治療としては、歯の表面を削り、そこへセラミックを貼り付けるという方法があります。この方法であれば、通常のホワイトニングで効果がなかった歯に対しても対応できるため、変色が強い場合におすすめです。

他にも、人工歯を歯の表面に貼りつけるという方法もあります。歯を削る必要もなく、除去することもできるという点がメリットと言えるでしょう。まずは、カウンセリングで充分な説明を受け、自分に合ったホワイトニングを選んでください。

審美歯科の特徴

歯に自信がない虫歯や歯周病といった口の中のトラブルは、歯医者へ行くことで治療してもらえます。このように一般的には、歯医者は歯の機能回復を目的としたところです。ただ、口というものは食べたり話したりという機能性だけが重要ということではなく、見た目の美しさも重要視される部分なのです

 

人と話したり、笑ったりしたときに歯並びが悪かったり、歯が黄ばんでいたりすれば、あまりよい印象は得られません。特に初対面の人であれば、第一印象が大切となります。第一印象は口元で大きく変わってくるものですから、やはり歯や口元には美しさも必要となってくるのです。また、口腔の健康状態が悪ければ、食事にも影響してきますので、身体の健康という意味でも、歯や口はとても大きな役割を持っていると言えるでしょう。

 

さて、審美歯科と言う歯医者があります。この審美歯科は通常の歯医者が治療目的であることに対し、歯や口腔の美に特化した歯科医療をするところです。歯がきれいであれば、人に与える印象も変わってきますし、口腔の健康が保たれていれば、食事もすすみ、身体の健康も維持されるわけです。このように、歯や口は機能だけでなく美的な部分も重要となります。審美歯科できれいな口元を目指しましょう。

ホワイトニングと審美歯科

歯の綺麗な女性初対面の人の第一印象は、ほぼ顔で決まると言っても過言ではありません。その人の表情などに人柄が出てくるわけですが、実際は口元のイメージがその人の印象を決める大きなポイントとなるのです。喋ったり笑ったりしたときに、口元から覗く歯が黄ばんでいたり、黒ずんでいたりすれば、やはり老けて見られますし、なんとなく清潔感もないように感じられてしまいます。このように、歯はその人のイメージに大きく関わってくるものなのです。

 

年齢を重ねてくると歯の色も徐々に変色していきます。色素が沈着したり、表面のエナメル質が剥がれてきたりして、白さがなくなっていくのです。そこで、最近は変色した歯を元の白い歯に戻すホワイトニングを行う人が増えてきています。このホワイトニングですが、一般的な歯医者でも行えるのですが、専門的に治療してくれる審美歯科で行うことをおすすめします。一般的な歯医者が、歯の機能性を回復することが目的であることに対し、この審美歯科は口の美的回復を目的とした歯医者なのです。

 

ホワイトニングは、元々は高齢者のアンチエイジングのために始まった治療法です。やはり、歯が白いと若々しく見え、相手に与える印象も大きく変わってくるのです。ホワイトニングの治療法も薬剤を利用するものから、歯の表面にセラミックを貼りつけたりするものがありますので、治療前に医師とよく相談してから治療を行ってください。このサイトは、審美歯科とホワイトニングの目的について説明します。