ホワイトニングの効果

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分の歯を見る歯を白くするホワイトニングですが、元々はアメリカを中心に始まった治療方法です。このホワイトニングのそもそもの目的としては高齢者のアンチエイジングでした。誰でも、歯は歳を取るごとに変色していきますし、黄ばんだ歯や、黒ずんだ歯は老けた印象を与えます。それを改善するという目的で、このホワイトニングはスタートしたのです。

 

人は初対面の場合、まずは顔の印象でその人のイメージをある程度決めてしまいます。鼻毛の処理がなされていなかったり、服が乱れていたりすると、あまりよい印象を受けることはないでしょう。
そして歯は、その人の印象を決める大きな要因となるのです。黄ばんだ歯よりは、真っ白な歯のほうが相手に与えるイメージをよいものになります。ホワイトニングの目的として、まずはこの見た目の印象があるのです。

 

また、自分の歯が黄ばんでいたり変色していたら、人前で口を開けることが苦痛と思うことでしょう。そうなると、人と会うこと自体、億劫になり、徐々に内向的な性格になっていくことも考えられます。しかし、白いきれいな歯であれば、人前で堂々と笑うこともできますし、顔を直視されても恐れることはありません。歯が白いというだけで、社交的な性格にもなれるのです。そしてこれがホワイトニングの次の目的でもあるのです。